採用情報RECRUIT

先輩スタッフの声

まったくの異業種からモノづくりの営業マンに転身。
見える景色がどんどん変化しつづけている仕事に
面白味を感じています。

K.K(入社11年、中途採用)

多種多様な製品でニーズを正確にくみ取る仕事

営業マンとして、得意先さまからのお問い合わせやご相談などにお応えすることから受注に繋げていく業務を担当しています。当社の製品は家電から自動車関連、スマホなどデジタル端末にいたるまで多種多様なので、さまざまな業種のお客さまとのお付き合いがあります。お客さまのニーズをいかに正確にくみ取って社内に持ち帰り、それを製品づくりに反映させるかというのが私の仕事の肝だと思います。
入社から11年になりますが、この11年間は会社の成長にともなって取り扱い品目が大きく増えた時期でもありました。それだけに大変なこともありましたが、これこそ成長している会社での仕事だと思うので、面白味もたくさんあります。

成長をつづけている会社で何かやってやる、の精神を

ここ10年間は会社が大きく成長をつづけてきた時期だけに、見える景色がどんどん変わっていったという印象があります。成長している会社特有のことだと思いますが、これは自分次第でどんどん変えていけるということもあります。実際、私も仕事を通じてずいぶん自分から見える景色を変えてきたと思っています。
「絶対」というものがない会社なので、自分でやってみたいこと、こうなったらいいのにと思うことは、どんどん前面に出してほしいと思います。会社の成長と相まって、それが何か面白い結果につながったらとても素敵なことだと思いますよ。自分が何かやってやる、という精神で入社したら、きっと自分だけの素敵な景色が見える会社だと思います。

工場でモノづくりをすることへの思いを、
派遣社員から正社員になることで実現しました。

S.N(入社11年、派遣社員から正社員採用)

モノづくりへの思いが今の職場で実現

製造業に対する思いが以前からあったので、その興味から派遣社員として新成加工の職場と出会い、そのまま正社員として採用されて11年目になります。これぞモノづくりという職場で仕事をしているので、私が思い描いていたイメージが現実になったという思いです。
私が担当しているのは裁断機を使って材料を切り揃えたり型を抜いたり、材料を貼り合わせるなどの製造工程です。実際の作業風景を見ると分かると思いますが、熟練のスタッフがテキパキと作業を進めていく現場なので、そういう作業が好きな人にとってはワクワクする風景かも知れません。

転職は積極的かつ気負い過ぎず

職場である工場内の作業現場は、それぞれのスタッフが黙々と自分の作業を行っています。もっとも、作業中は機械から結構大きな音がするので会話しようにもしにくいということもあるのですが。これは自分の世界に入って集中して作業をしたいという人にはやりやすい環境だと思います。もちろん仕事が終わったあとは普通に話しもしますし、人によっては休日に一緒に遊びに出かけるような間柄の人たちもいます。
うちの職場には転職をしてきた人が多くいます。それを見てきた立場から思うのは、転職は積極的にやるべきである一方で気負いすぎると大変なので、そこはうまく力を抜いて次の職場を探すのがよいと思います。初心者から始めてもちゃんと戦力になれるので、あまり難しく考えずこの仕事を検討してみてはいかがでしょうか。

仕事とプライベートの、どちらも大切。
そのバランスがうまく取れる会社、職場だと思います。

Y.U(入社12年、派遣社員から正社員採用)

派遣社員から正社員になって、すでに10年以上

工場内でスリットといって、材料をそれぞれ指定の幅に裁断する作業を担当しています。私の作業のあとに加工の工程があるので、間違った幅にすることなく正確に材料を切り揃えていくのが私の役割です。
入社してからは12年になりますが、それまでは派遣社員として新成加工で働いていましたので、その期間をあわせるともっと長くこの職場で働いてきたことになります。
また、機械を使うことが多いので作業の安全も大切にしながら事故なく正確に作業をしていくのが腕の見せ所でしょうか。

まったくの未経験でも仕事を身につけられる制度があります

プライベート面での話になりますが、結婚をしているので仕事が終わった後や休日はできるだけ家庭で過ごすようにしています。仕事だけでなくプライベートの時間もしっかりと持つようにという考え方の会社なので、そのあたりのバランスはうまく取れているように思います。
社名のイメージもあってか、難しいことをやっている会社だと思っている方は多いと思います。確かに仕事の専門性や奥の深さはありますが、未経験から始めてもコツコツとできることを増やしていけばちゃんとプロになれる仕事です。仕事を身につけていきやすいように会社の研修や支援制度もあるので、何をやっている会社なのかよくわからない人もどうぞ安心してこの仕事を始めてみてください。

製品の検査という厳格な仕事ですが、
アットホームな職場です。
女性の後輩が増えたらうれしいので、ぜひ入社してください!

N.O(入社13年、派遣社員から正社員採用)

製品を出荷前に検査する「最後の砦(とりで)」

検査部門に所属して、製品の出荷前検査を行っています。不良品があったとしても私たちのところでそれを見つけ出して出荷を食い止めるという「最後の砦(とりで)」のような仕事です。品質の高さや正確性は当社の強みなので、その強みを守る仕事という意識を持って日々取り組んでいます。
人間のやることは決して完璧なことばかりではありません。ミスは必ず起きるものという前提にたって二重チェックをするなどの工夫をして、「最後の砦(とりで)」の役目をしっかりと果たせるように頑張っています。

「最後の砦(とりで)」ですが、最初はだれもが未経験でした

職場はとてもアットホームな雰囲気なので、居心地は決して悪くないと思います。検査の現場は女性が多いですが、会社全体で社員の数を見るとまだまだ女性の数が少ないので、今後は女性の社員が増えていったらいいなと個人的に思っています。育休や産休の制度があって、これまでにも取得例があるので、そういう意味でも女性が働きやすい会社だと思います。
私たちの職場は「最後の砦(とりで)」と言っていますが、特別な経験が必要だとかそんなことはありません。皆、未経験から始めて戦力になったメンバーばかりです。先ほども言いましたが女性の後輩が入ってきてくれたらうれしいなという思いがあるので、少しでも興味がある方はぜひこの職場を検討してみてください。

すでに15年以上、社会人人生の大半を
新成加工で過ごしてきました。
同じやるなら楽しい職場にしたいので、一緒に楽しくいきましょう。

M.K(入社15年、派遣社員から正社員採用)

見て覚えて、慣れて覚える仕事

工場でプレス機械のオペレーターをやっています。すでに正社員になってから15年目になる中堅なので、現場では主任をまかされています。入社のきっかけはもともと派遣社員として働いていたところに、会社から正社員として働かないかと声をかけてもらったことです。派遣社員だった期間をあわせると、社会人人生の大半を新成加工で過ごしていることになります。
この仕事は、見て覚えて、慣れて覚えるというのが実は一番の最短ルートです。私も最初はそうやって仕事を覚えていきましたが、先輩が丁寧に教えてくれたことが記憶に残っています。

同じ仕事をするなら、楽しくいこう

かれこれ15年以上新成加工で仕事をしてきて、会社について持っているイメージは人間関係のよさやアットホームな雰囲気でしょうか。自分だけで完結できる仕事ではないのでチームワークをうまく機能させるには、とてもいい感じの社風だと思います。
縁あって同じ職場で働いている人たちは、大切な仲間です。同じやるなら楽しい職場にしたいので、新しく私たちと仕事をすることになる人たちとも、楽しくやっていこうとお伝えしたいです。

よいことも悪いことも、
すべて今後に役立つ経験です。
これからの新成加工を創っていける
若い人たちの力に期待しています。

S.I(入社18年目、新卒採用)

入社18年の、ちょっとしたベテランです

出身校の就職相談を通じて、前会長とのつながりがあった担当の方から紹介してもらったことがきっかけで入社、今年で18年目になるちょっとしたベテランです。新成加工での18年を通じて感じることは、上下関係の垣根が低い会社だということです。上の人だから、下の人だからというこだわりがあまりなく言いたいことが言える会社なので、それは伝統的な社風だと思います。
今の仕事は品質保証業務といって、新成加工が納品をした製品に対するお問い合わせへの対応やクレーム処理、改善のフィードバックなどが主な業務です。こうした業務を行うにあたっても社内のコミュニケーションが大切なので、ものを言いやすい社風があるのは仕事上も有意義なことだと感じます。

行動をともにして伝えていきたい

仕事をしていくうえで心がけているのは、よいことも悪いこともすべて経験だと思って自分の糧にしていくことですね。私の確認不足で会社に損害が発生するようなミスをしてしまったこともあるのですが、そのときも全社を挙げてフォローをしてくれたことが心に残っているので、そういうときに力を発揮する会社なんだなという印象もあります。
そんな経験も踏まえて、若い人たちに指導していくときにはマニュアルだけではなく行動をともにすることで伝えていくことを大切にしています。やはり紙のマニュアルだけでは伝わりにくいこと、理解しにくいことはたくさんあると思うので、一緒に行動をして感じてもらうこと、気づいてもらうことも大切にしたいです。
自分もつい最近までは若手という意識でしたが、世代交代で次の若い人たちに期待したい部分もあります。未経験から始めてもプロになれるようバックアップしていける会社なので、ぜひ私たちの仕事に興味を持ってもらえるキッカケになればと思っています。